いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

短歌タイムカプセル-千葉聡 感想

書肆侃侃房 出版 東直子佐藤弓生・千葉聡編著 「短歌タイムカプセル」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

 千葉聡

 

明日消えてゆく詩のように抱き合った非常階段から夏になる

 

 青春!ときめく!非常階段かー。夏かあー、いいですね!詩は明日までは消えないんだね。どうして生まれてすぐに消えるわけじゃないんだろう。

 四季で一番夏が好きで、夏の歌に心惹かれます。この歌何度読んでも好きです。

 

キス未遂 僕らは貨車に乗り込んで真夏が軋みだすのを聴いた

 

も好き…。どうして貨車に乗り込んだんだろう。

 

 ちょっと切なくて痛い感じがする青春の歌が多くて、全体的にめっちゃ胸がきゅんとします。そして私にはうまく説明とか解説とか全然できなくて、ここに書いてる内容もすっかすかですけど、説明できなくても好きなんだ!って感じです!

 

 今回のアンソロジーではほとんど載っていないのですが、小説風の連作になってる作品に昔めっちゃはまってました。

 

レイアップもできない僕を見てリョウは虹の所有者みたいに笑う

 

みたいな歌…。「現代短歌最前線」読みまくってた頃もこの人の歌にときめいてた!セバスチャン(笑)。

 

 

テキストの行間だけを読むような不意打ちのキス 冬のにおいだ (yuifall)

セックスが特別だった放課後はぼくらどこにも居場所がなくて (yuifall)