いろいろ感想を書いてみるブログ

短歌と洋楽和訳メインのブログです

現代短歌最前線-渡辺松男 感想3

北溟社 「現代短歌最前線 上・下」 感想の注意書きです。

yuifall.hatenablog.com

渡辺松男

 

ああ母はとつぜん消えてゆきたれど一生なんて青虫にもある

 

 母の歌です。母が死んだけど、「一生なんて青虫にもある」と。しかし思うに青虫は子供だから、母と比較するなら蝶もしくは蛾なのではなかろうか?青虫のままの一生というと「幼くして死んだ」というイメージであってなんとなく「母」とは重ならないですね…。もちろんそれを踏まえた上での表現だろうし、どういう意味なのでしょう。母はまだ蝶になる前だった、ってことなんだろうか。

 

一度だけ死ぬために一度だけ生まれ宇宙よりくるこおろぎの声

 

 これも虫の命シリーズです。青虫もこおろぎも母も一度だけ死ぬために宇宙から来るんですね。You only live onceですね。

 

しんしんと月光ウィルス降りそそげわが涯を征くロボットの列

 

 この歌好きー。月光ウィルスか。有栖川有栖の『月光ゲーム』思い出したな。この「ロボット」ってどういうロボットなのかなぁ。Pepper君っぽいやつかなぁ(笑)。

 

 

粘稠の赤に眩しき影は揺れわが胸郭に封じ込む月 (yuifall)

 

 

短歌タイムカプセル-渡辺松男 感想 - いろいろ感想を書いてみるブログ

現代短歌最前線-渡辺松男 感想1 - いろいろ感想を書いてみるブログ

現代短歌最前線-渡辺松男 感想2 - いろいろ感想を書いてみるブログ

現代短歌最前線-渡辺松男 感想4 - いろいろ感想を書いてみるブログ

現代歌人ファイル その14-渡辺松男 感想 - いろいろ感想を書いてみるブログ