いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

Head Over Feet (Alanis Morissette)和訳

洋楽和訳の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

Head Over Feet (Alanis Morissette)

作詞:BALLARD GLEN/MORISSETTE ALANIS NADINE 

作曲:BALLARD GLEN/MORISSETTE ALANIS NADINE 

www.youtube.com

 

I had no choice but to hear you

You stated your case time and again

I thought about it

 

You treat me like I'm a princess

I'm not used to liking that

You ask how my day was

 

You've already won me over in spite of me

And don't be alarmed if I fall head over feet

Don't be surprised if I love you for all that you are

I couldn't help it

It's all your fault

 

Your love is thick and it swallowed me whole

You're so much braver than I gave you credit for

That's not lip service

 

You've already won me over in spite of me

And don't be alarmed if I fall head over feet

Don't be surprised if I love you for all that you are

I couldn't help it

It's all your fault

 

You are the bearer of unconditional things

You held your breath and the door for me

Thanks for your patience

 

You're the best listener that I've ever met

You're my best friend

Best friend with benefits

What took me so long

 

I've never felt this healthy before

I've never wanted something rational

I am aware now

I am aware now

 

You've already won me over in spite of me

And don't be alarmed if I fall head over feet

Don't be surprised if I love you for all that you are

I couldn't help it

It's all your fault

 

 

直訳

I had no choice but to hear you

あなたの話を聞くより他なかった

You stated your case time and again

あなたは自分の話を何度も繰り返してた

I thought about it

私はそのことを考えたわ

 

You treat me like I'm a princess

あなたは私をお姫様みたいに扱うの

I'm not used to liking that

私はそういうことに慣れていない

You ask how my day was

あなたは今日はどんな日だった、って尋ねる

 

You've already won me over in spite of me

あなたは私も気づかないうちにわたしを惹きつけてしまったの

And don't be alarmed if I fall head over feet

もしわたしが真っ逆さまに落ちても驚かないでね

Don't be surprised if I love you for all that you are

あなたをまるごと愛してしまっても驚かないでね

I couldn't help it

止められないの

It's all your fault

全部あなたのせいよ

 

Your love is thick and it swallowed me whole

あなたの愛は厚くて私のすべてを飲み込んでしまった

You're so much braver than I gave you credit for

あなたは私が保証するよりもずっと勇敢なの

That's not lip service

お世辞じゃないのよ

 

You are the bearer of unconditional things

あなたは無条件のものを運んでくる

You held your breath and the door for me

あなたは息を止めて私のためにドアを開けていた

Thanks for your patience

我慢強くいてくれてありがとう

 

You're the best listener that I've ever met

あなたは今まで出会った中で一番の聞き上手ね

You're my best friend

あなたは私の親友

Best friend with benefits

便利な関係の友達

What took me so long

どうしてこんなに長くかかったんだろう

 

I've never felt this healthy before

今までにこんなに正しいと感じたことはないの

I've never wanted something rational

今まで理にかなったことを求めてこなかった

I am aware now  I am aware now

今それに気づいたの

 

 

*win me overで「ひきつける」みたいです。

*in spite of oneselfで「知らず知らずのうちに」「思わず」みたいなので、in spite of meは「気づかないうちに」みたいな感じかな。

*unconditionalは「無条件の」「絶対の」という意味みたいなので、you are the bearer of unconditional thingsは「あなたは絶対のものを運ぶ人」、だから「絶対に信じられる人」みたいな感じかなぁ。もしくは「無条件の愛をくれる人」かな。

*次のheld your breath and the door for meが分かんないんですよねー。heldはyour breathとthe doorの両方にかかるんだと思うのですが、hold one's breath単独だと「息をとめる(ひそめる)」「固唾をのむ」「驚かせる」「待ち構える」「期待する」、hold the doorで「ドアを開けておく」だよね。直訳すると「息を止めて私のためにドアを開けておいた」になりますけど…。

「待ち構える」の方がいいのかな。。ドアも、なんでthe doorなんだろう。どこのドア?「あなたの心の扉」と解釈して超意訳すると、「心の扉を開いて待っていてくれた」みたいな?

*Best friend with benefitsって普通に考えると「セックスフレンド」なんですけど、この文脈でそれってどういうこと?best friendから始まって恋人になったの、っていう無難な解釈でいいんだろうか?それとも、セックスフレンドから真の恋人になった、という解釈か?

 

glee S6でWill you love me tomorrowとのマッシュアップが最高で、この時カートがブレインとの思い出に浸って涙を流してたシーンにときめきました♡本編はマッシュアップだったので、この歌単独での歌詞の内容とは必ずしも状況は一致しないのですが…。一応男の子目線の意訳。

 

 

意訳

 

きみの話を聞くしかなかった

きみは自分の話を繰り返してた

僕はそのことについて考えたよ

 

きみは僕を特別扱いしてくれるよね

そういうのって慣れてないんだ

今日はどんな日だったか聞いてくれる

 

いつの間にか夢中になってた

真っ逆さまに恋に落ちても驚かないで

きみの全部を愛してしまっても

止められないんだ

全部きみのせいだよ

 

きみのいっぱいの愛が僕の全部を包み込んだ

きみには敵わないって心から思うよ

 

いつの間にか夢中になってた

真っ逆さまに恋に落ちても驚かないで

きみの全部を愛してしまっても

止められないんだ

全部きみのせいだよ

 

きみは絶対に信じられる人

きみに辿り着くまで心の扉を開いて

待っていてくれてありがとう

 

きみは出会った中で一番の聞き上手だよ

きみは僕の親友だけど、今ではそれ以上の関係なんだ

どうしてこんなに長くかかってしまったんだろう

 

こんなにしっくりきたことってないよ

これまでがおかしかったんだって、今それに気づいたんだ

 

いつの間にか夢中になってた

真っ逆さまに恋に落ちても驚かないで

きみの全部を愛してしまっても

止められないんだ

全部きみのせいだよ

 

 

*全部通して読むと、「わたし」は「あなた」とずっと親友で、でも多分「あなた」は「わたし」のことが初めから好きで、もしかしたら2人はセフレ関係で、「わたし」は「あなた」が好きだということを認めてなかったんだけど、気が付いたら本気になってしまっていて、ようやくそれを認めて、「こんなに正しいと感じたことはない、今まで無理してた、どうしてこんなに時間がかかったんだろう」ってストーリーなのかなって思いました。だから最初の「あなたは自分の言い分を繰り返す」は「あなたはわたしを好きだって言う」もしくは「本当は恋人同士なんだって認めてよって言う」って意味で、「あなたは私をプリンセスみたいに扱うけど、私はそれに慣れてない」っていうのは「あなたは恋人同士みたいに振舞うけど、そんな関係じゃないのに」みたいな感じかなって思います。

そういう意味合いで(超)意訳するとこんな感じ↓

 

あなたの話をただ聞いていた

「僕たちは恋人同士だって認めてよ」っていつも言ってたね

私もそれについて考えた

あなたは私を恋人みたいに扱うの

そういうのって慣れてないんだ

「今日はどうだった」、って、本物の彼氏みたいに

あなたの愛は深くて、私の全部を包んでくれた

あなたには敵わないわ、本当よ

あなたは無償の愛をくれる人

私がそれに気づくまで心の扉を開いて

待っていてくれてありがとう

あなたは一番の聞き上手ね

ずっと親友で、“便利な”友達だったけど

本当の恋人だって気づくのにどうしてこんなに時間がかかったんだろう

あなたといるとしっくりくるの

ずっと認められなかったけど、今ならそれが分かるわ

いつの間にか夢中になっていたのね

あなたに溺れてしまっても驚かないで

あなたの全てを愛してしまっても

もう止められない、全部あなたのせいよ