いろいろ感想を書いてみるブログ

短歌と洋楽和訳メインのブログです

短歌タイムカプセル-陣崎草子 感想

書肆侃侃房 出版 東直子佐藤弓生・千葉聡編著 「短歌タイムカプセル」 感想の注意書きです。

yuifall.hatenablog.com

 陣崎草子

 

どうやって生きていこうか八月のソフトクリームの垂れざまを見る

 

 ソフトクリームの垂れざまっていいですね。夏の暑さに、食べるよりも早くソフトクリームが垂れていく。なんかちょっとだらしないような、逆に生き急いでいるような、不思議な感じ。なんかFlipper's Guitarの「Groove Tube」を思いだしたな。ソフトクリームをじっと見ていてそう思ったのか、それともソフトクリームよりも夢中にさせる何かがあるから垂れちゃってるのかな。意識がソフトクリームに集中しているのか、いないのか、それとも自分のソフトクリームではないのか。このあと手がべたついたんだろうなとか、どこにいたんだろう、手を洗えたのかなとか、どうでもいいことまで色々考えて面白かったです。

 私のイメージでは夏の公園で、一人でベンチに座ってて、近くに座ってる恋人同士とか子供とかがソフトクリーム食べてて、おしゃべりとか遊びに夢中になって、もしくは食べる速度が溶ける速度に追い付かなくてソフトクリームが溶けてて、それを見てるって感じです。で、自分は恋人も家族もいなくて、どうやって生きていこうって考えてるの。多分自分がソフトクリームを買ったら溶ける前に食べきることができるけど、それって幸せかな。てか一人でソフトクリーム買わないな、とか考えてる感じです。

 

 そして

 

このひとに触れずに死んでもよいものか思案をしつつ撒いている水

 

って読むと、ああー、このひとに触れずに死んだらもったいないな、って気がするから不思議ですね(笑)。夏の暑い日にソフトクリームの垂れ様を見つつ、どうやって生きていこう、このひとに触れずに死んでもいいのかな、って水撒くのね。うーん、でも「わたし」も「このひと」もシングルなのかなぁ。もしそうじゃなければ触れずに死ぬのもセクシーだと思うよ。

 

生きることぜんぜん面倒くさくない 笑える絵の具のぶちまけ方を

 

 これはちょっとどう解釈していいか全然分からないけど好きです。こういう、自分にはあまり理解できないのに愛唱してしまう歌ってたくさんあって、分からなくても好きです。

 

 

くちびるの裏で感じるチョコミント八月よりも早く溶かして (yuifall)

うつせみの籬隔てて見つめ合う 触れねば永久のうつくしの夢 (yuifall)

本歌取り

わがこころ君に知れらばうつせみの恋の籬よ越えずともよし (伊藤左千夫

あらざりき そは後の人のつぶやきし我には永久のうつくしの夢 (与謝野晶子