いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

Ross And Rachel (Jake Miller) 和訳

洋楽和訳の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

Ross And Rachel (Jake Miller)

Songwriters:David Hodges, Jake Harris Miller, Justin Slavin, Whakaio Taahi

www.youtube.com

Started out as friends, only friends

But I knew from that moment (I knew from that moment)

That I was falling fast, falling fast

But you never noticed (You never noticed)

 

I lived right down the hall

Like a flat, on the one

Knew you better than you knew yourself (Yourself)

Couldn't get you alone, so I'd sit by the phone

I, put myself through Hell

Could you even tell?

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

Remember when you slept at my place

We were kissin' and touchin' (Kissin' and touchin')

I thought you mind had changed

But you woke and said it was nothin'

We're nothin'

 

I lived right down the hall

Like a flat, on the one

Knew you better than you knew yourself (Yourself)

Couldn't get you alone, so I'd sit by the phone

I, put myself through Hell

Could you even tell?

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you (Always you, yeah, haha)

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

Thank God I waited

Thank God that I waited

'Cause my love never faded

I, just needed patience

It was always you (Always you, yeah, haha)

Yeah it was always you

 

Yeah it was always you

Yeah it was always you

Yeah it was always you

Yeah it was always you

Oh yeah, yeah-yeah

 

 

直訳

 

Started out as friends, only friends

友達から始まったんだ、ただの友達から

But I knew from that moment (I knew from that moment)

だけど僕はその時から知っていた

That I was falling fast, falling fast

恋に落ちていたことを

But you never noticed (You never noticed)

でもきみは全然気づかなかった

 

I lived right down the hall

僕は玄関に住み着くみたいにして

Like a flat, on the one

馬鹿みたいに待ってたんだ

Knew you better than you knew yourself (Yourself)

きみよりもきみのことよく知ってた

Couldn't get you alone, so I'd by sit the phone

きみを一人にしないためにずっと電話のそばに座って

I, put myself through Hell

地獄に自分を投げ込むみたいに

Could you even tell?

分かってくれる?

 

Thank God I waited Thank God that I waited

神様ありがとう、待っていてよかった

'Cause my love never faded

だって僕の愛は決して消えなかったんだ

I, just needed patience

ただ忍耐が必要だっただけ

It was always you Yeah it was always you

いつもきみのことだけ

 

Remember when you slept at my place

きみが僕の部屋で泊っていった時のことを覚えてる

We were kissin' and touchin' (Kissin' and touchin')

僕たちはキスして触れ合ったね

I thought you mind had changed

僕はきみの気持ちが変わったと思ったんだけど

But you woke and said it was nothin'

目覚めるときみは、なかったことにしようって言ったんだ

We're nothin'

わたしたちは何もないわ、って

 

 

*この曲はメロディを聴いて好きになったのですが、元ネタの「FRIENDS」のことをまるで知らないので、ROSSとRACHELがどんな関係なのか、どういう状況を歌ってるのかよく分からず。。ググってみても、和訳や解説をしてくださっているサイトさんを探せませんでした。なので、ドラマのファンの方には「ええ?そこはこうだよー」みたいなもどかしい訳になっているかも…。一人称さえよく分からずとりあえず「僕」と「きみ」にしてみた。

*a flatって何でしょう?名詞のflatには「平ら」「平面」という意味のほかに、いわゆる「フラット(イギリス英語で「住居」)」「階」という意味があるようですが、Like a flatだから「a flatみたいに」ってことですよね。イギリス英語の古い言い方で「間抜け」って意味もあるみたいなのでそれなのかな?あとは「貧乳」という意味もあるみたいですがさすがにそれではないだろう(笑)。

*I'd by the phoneは「電話をしている」という状況なのか、懐かしの固定電話のそばでずっと「きみがいつ電話をかけてくれてもいいように待ってた」って意味なのか…。

*Could you even tell?は疑問形だけど、evenを使っているということは、「きみは知りさえしないけど」ってことなんじゃないかと。ってことはやっぱり単に「電話のそばで待ってた」ってことなのかな。

*この2人で最後は結ばれたんでしょうか?「FRIENDS」、Wikipediaで見ても長すぎて理解できません…。

 

 

意訳

 

最初は友達だったよね、ただの友達

でも僕は出会った瞬間から恋に落ちてた

きみは全然気づかなかったけど

 

僕は馬鹿みたいにずっと玄関で待ってた

きみよりもきみのこと分かってるって知っていたから

強がってたけど、一人になりたくなかったんだろ?

だからずっと、鳴らない電話のそばで待ってた

これって地獄みたいだよね、きみは知りさえしないんだけど

 

神様、待っていてよかった

だってきみをずっと諦められなくて

ちょっと時間はかかってしまったけど、

いつもきみだけ、きみだけが僕の愛なんだ

 

きみが泊っていったときのことを覚えてる

僕たちはキスして、ベッドで抱き合ったよね

ついに気持ちが通じたって思ったんだ

でもきみは目を覚ますと、「なかったことにしましょう」って言った

「わたしたち、何でもないわ」って

 

僕は馬鹿みたいにずっと玄関で待っいた

きみよりもきみのこと分かってるって知っていたから

強がってたけど、一人になりたくなかったんだろ?

だからずっと、鳴らない電話のそばで待ってた

これって地獄みたいだよね、きみは知りさえしないんだけど

 

神様、待っていてよかった

だってきみをずっと諦められなくて

ちょっと時間はかかってしまったけど、

いつもきみだけ、きみだけが僕の愛なんだ

 

きみだけ、きみだけが僕の愛なんだ

 

 

*追記

後から聴きなおしたら、I'd sit by the phoneって言ってますよね?「電話のそばに座って」ですね。歌詞と直訳のとこ修正しました。