いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

現代短歌最前線-荻原裕幸 感想3

北溟社 「現代短歌最前線 上・下」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

荻原裕幸

 

群衆と呼ぶうつくしき怪獣の胃の腑のあたりわれは歩みつ

 

 これはさー、われも群衆とちゃうん?って思いませんか(笑)?なんで「われ」だけは胃の腑にいるんだ?それとも自分はこの群衆の胃のあたりを構成している一員です、ってことなのかなぁ。よく雑踏の中で「なんかすげー混んでる」とか言っちゃうけど、いや、お前がおるから混んどるんや、って自分に突っ込んでしまうあの感じですね(笑)。

 

独身(ひとりみ)の鮭弁当のレシートをレイモンド・チャンドラーの栞に

 

 レイモンド・チャンドラーって言葉がかっこいいせいか、モチーフにするだけで詩的ですね。名言もかっこいいですし。江戸雪も

 

じょうだんは本当でした文机に足のせて読む『長いお別れ』

 

って詠んでます。荻原裕幸の方は「独身の鮭弁当」がなんか男のハードボイルドを感じさせます。

 しかしなぜかチャンドラーのこと考えようとするとどうしてもウィリアム・アイリッシュの『幻の女』が脳裏に浮かぶんだな…。なんかイメージがかぶっている。

 

けふぼくはたぶん谷川俊太郎なぜだかことばがげんきなんだよ

 

 この歌好き!谷川俊太郎のことばっていいよね!この比喩いいな。かわいいし。自分語彙力ねえな!

 

 

この夜の若さをぼくにくれきみをマダム・タッソー館に飾るよ (yuifall)