いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

Truthfully (DNCE)-和訳

洋楽和訳の注意書きです

 

yuifall.hatenablog.com

Truthfully (DNCE)

作詞:Rami Yacoub/Kristoffer Fogelmark/Albin Nedler/Joe Jonas/Justin Tranter 

作曲:Rami Yacoub/Kristoffer Fogelmark/Albin Nedler/Joe Jonas/Justin Tranter

www.youtube.com

One, two, three, four

Yeah, yeah, yeah

 

I was always the one dodging phone calls

From every girl that I met in my bed

 

But then you came around like a brick wall

You knock me out, out my head

 

Had me treating my Mondays like Fridays

Had me flying so high with no smoke

 

Almost dreaming of you, always with me

Damn it, I feel, feel like a joke

 

Speaking truthfully, I’m not sure why we keep fighting

You just go blame the bad timing, admit it to me

Speaking truthfully, I love you more than you love me

 

Getting more of your time was a challenge

Had me begging you like a schoolboy

 

Started treating me like a bad habit

So now I’m left, left with no choice

 

Speaking truthfully, I’m not sure why we keep fighting

You just go blame the bad timing, admit it to me

Speaking truthfully, I love you more than you love me

 

Now I know there’s no use trying

To get me and you on the same page

When you say that you love me, you’re lying

 

Speaking truthfully, I’m not sure why we keep fighting

You just go blame the bad timing, admit it to me                       

Speaking truthfully, I love you more than you love me

 

I love you more than you love me

Yeah, yeah, yeah

 

 

直訳

 

I was always the one dodging phone calls From every girl that I met in my bed

ベッドで会った女たちからの電話をかわすのはいつも俺の方だった

But then you came around like a brick wall You knock me out, out my head

でもお前に出会ったんだ、頭をレンガで殴られるみたいな衝撃だった

 

Had me treating my Mondays like Fridays 

俺の月曜日を金曜日みたいにしてくれたし

Had me flying so high with no smoke

ハッパなしでもハイにさせてくれた

 

Almost dreaming of you, always with me

お前といつも一緒にいることをほとんど夢に見ていた

Damn it, I feel, feel like a joke

畜生、笑えるよな

 

Speaking truthfully, I’m not sure why we keep fighting

本当は、なんで俺たち喧嘩ばかりなのか分からない

You just go blame the bad timing, admit it to me

お前はただタイミングの悪さを責めるけど、俺にそれを認めろよ

Speaking truthfully, I love you more than you love me

本当は、お前が俺を愛するよりも俺はお前を愛してる

 

Getting more of your time was a challenge Had me begging you like a schoolboy

お前にもっと時間を作ってもらうのは大変だった、ガキみたいに頼んだよ

Started treating me like a bad habit So now I’m left, left with no choice

俺を悪い習慣みたいに扱うようになって だから今は取り残されている、選択肢を持たずに

 

Now I know there’s no use trying

今はもう、努力しても意味がないことは分かってる

To get me and you on the same page

お前に同じ気持ちになってもらおうだなんて

When you say that you love me, you’re lying

俺を愛してるって言う時、お前は嘘をついてるんだ

 

I love you more than you love me

お前が俺を愛するよりも俺はお前を愛してる

 

 

*歌詞を知らずに歌だけ聴いていたときは、なんとなく今まで遊んでた悪い男が本気で好きな女性に出会ったのかな?って感じがしていて、まあなんとなくうまくいっていない雰囲気は感じ取っていたのですが、美しいメロディとI love you more than you love meの歌い方の美しさから、「それでもきみを愛してるんだ」みたいなニュアンスかと思ってたのですが、歌詞をよくよく見てみると「きみが僕を愛するよりも僕はきみを愛してる」っていうニュアンスじゃなく、「僕がきみを愛するほどきみは僕を愛してくれてない」って感じか…と分かってびっくりしました。だから最後マイクを置いて去っていくような演出なのかな。もうさよならするしかないんだね、って。

*Speaking truthfullyももしかしたら「正直言って」じゃなくて、「正直に言えよ」ってことなのかなぁ?

*smokeはタバコじゃなくてマリファナですよね、多分。

*bad habitは「悪習」だから、「腐れ縁」みたいな感じかな。面倒な男、みたいな。

*I’m left, I’m left with no choiceは最初「僕は去るしか選択肢がない」と思っていたのですが、I leftじゃなくてI’m leftってことは受動態かつ現在形だから、(She) leaves me with no choice「(彼女に)僕は置き去りにされている、選択肢を持たずに」ってことかなと思いました。

 

 

意訳

 

僕はベッドに誘った女の子たちからの電話を無視するような奴だった

でもきみに出会ったんだ、頭をレンガでぶん殴られるみたいな衝撃だった

 

きみは月曜を金曜にできたし

マリファナなしでもハイにさせてくれた

 

きみとずっと一緒にいるなんて夢見てた

クソっ、僕ってお笑い種だよ

 

正直なんでケンカばかりなのか分からないよ

きみはタイミングが悪いだけって言うけど

認めてよ

本当は、僕がきみを愛するほど、きみは僕を愛してないんだよね

 

もっと僕との時間を作ってほしいって少年みたいに頼んだよ

僕を面倒くさがるようになって、もうどうしようもないんだ

 

正直なんでケンカばかりなのか分からないよ

きみはタイミングが悪いだけって言うけど

認めてよ

本当は、僕がきみを愛するほど、きみは僕を愛してないんだよね

 

がんばったって意味ないんだ

同じ気持ちを求めるなんて

あなたを愛してる、そんな口先だけの言葉じゃ

 

正直なんでケンカばかりなのか分からないよ

きみはタイミングが悪いだけって言うけど

認めてよ

本当は、僕がきみを愛するほど、きみは僕を愛してないんだよね

 

僕がきみを愛するほど、きみは僕を愛していないんだ