いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

Rather Be (Clean Bandit ft. Jess Glynne) 和訳

洋楽和訳の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

 Rather Be (Clean Bandit ft. Jess Glynne)

作詞:Jack Patterson, James Napier, Nicole Marshall, Grace Chatto 

作曲:Jack Patterson, James Napier, Nicole Marshall, Grace Chatto 

 

www.youtube.com

We're a thousand miles from comfort, we have travelled land and sea

But as long as you are with me, there's no place I'd rather be

I would wait forever, exulted in the scene

As long as I am with you, my heart continues to beat

 

With every step we take, Kyoto to The Bay

Strolling so casually

We're different and the same, gave you another name

Switch up the batteries

 

If you gave me a chance I would take it

It's a shot in the dark but I'll make it

Know with all of your heart, you can't shame me

When I am with you, there's no place I'd rather be

N-n-n-no, no, no, no place I rather be (3x)

 

We staked out on a mission to find our inner peace

Make it everlasting so nothing's incomplete

It's easy being with you, sacred simplicity

As long as we're together, there's no place I'd rather be

 

If you gave me a chance I would take it

It's a shot in the dark but I'll make it

Know with all of your heart, you can't shame me

When I am with you, there's no place I'd rather be

N-n-n-no, no, no, no place I rather be (3x)

When I am with you, there's no place I'd rather be

 

If you gave me a chance I would take it

It's a shot in the dark but I'll make it

Know with all of your heart, you can't shame me

When I am with you, there's no place I'd rather be

N-n-n-no, no, no, no place I rather be (3x)

When I am with you, there's no place I'd rather be

 

 

直訳

 

We're a thousand miles from comfort, we have travelled land and sea

私たちは快適さから千マイルも離れている、陸や海を旅してきた

But as long as you are with me, there's no place I'd rather be

それでもあなたが私と一緒なら、それ以外にいたい場所なんてない

I would wait forever, exulted in the scene

私は永遠に待てる、その光景に歓喜して

As long as I am with you, my heart continues to beat

あなたと一緒にいる限り、私の心臓は動き続ける

 

With every step we take, Kyoto to The Bay

京都から港まで一歩ずつ

Strolling so casually

ぶらぶらしながら歩くたび

We're different and the same, gave you another name

私たちは違っていて、でも同じで、あなたにもう一つの名前をあげた

Switch up the batteries

そのバッテリーを交換して

 

If you gave me a chance I would take it

もしチャンスをくれるなら、必ずそれを掴むよ

It's a shot in the dark but I'll make it

それは暗闇で撃つようなものだけど、必ずやり遂げる

Know with all of your heart, you can't shame me

あなたの心を全て知っているから、あなたは私を貶められない

When I am with you, there's no place I'd rather be

あなたといるとき、他にいたい場所なんてない

N-n-n-no, no, no, no place I rather be (3x)

他にいたい場所なんてない

 

We staked out on a mission to find our inner peace

私たちは心の平和を探す使命を遂行した

Make it everlasting so nothing's incomplete

それを永遠にして、何も不完全じゃないの

It's easy being with you, sacred simplicity

あなたと一緒にいるのは楽だし、神聖で単純なこと

As long as we're together, there's no place I'd rather be

私たちが一緒にいる限り、他にいたい場所なんてない

 

 

*sceneには「状況」「状態」という意味もあるので、the sceneを「あなたと一緒にいる状態」と考えました。

*このThe Bayってどこなのかよく分かんないんですよね…。大文字でThe Bayってことは固有名詞(特定の場所)だと思うのですが、場所の候補は全世界のどこでもあり得るわけで、どこの国なのかすら分からない。。

 The Bayで検索するとカナダのハドソン湾が真っ先に引っかかるのでそこなんでしょうか。The Bay whereで検索すると、The Bayというホラー映画のロケ地はどこ?という質問が引っかかります。The Bay どこ で検索すると、シンガポールのガーデン・バイ・ザ・ベイがひっかかります。結局どこなのかよく分からず…。MVも日本っぽいからあまりヒントが分かりません。ネイティブだったらピンと来る場所があるのかなぁ?

 Urban dictionaryによれば、一般的にThe Bayというと「カリフォルニア」「サンフランシスコ」らしいので、アメリカなら西海岸かもしれませんが、イギリスのアーティストだしなぁ。。

*Kyoto to The Bayはland and seaの言い換えだと思うので、「色々な場所を旅してきた」=「色々な状況を2人で乗り越えてきた」のメタファーだと考えてて、だから具体的な地名はどこでもいいのかも、とも思うのですが。。

*switch up the batteriesの「バッテリー」は「電池」なのでしょうか。それとも野球のバッテリーみたいなバッテリーなのかな?しかもthe batteriesってことは特定の何かで、複数なんですよね。普通に考えれば「私たちの電池」なのかな。

*different the sameも分からん…。Different size(違うサイズ)みたいに「同じ違い」ってこと?「私たちは同じくらい違ってる」みたいな。もしくは「同じっぽいけどちょっと違う」みたいな?

*これはWe're different the sameの"We"について、「あなたと私は違っていて、でも同じ」と解釈していたのですが、むしろ「私たちは以前と違っていて、でも同じ」って考えた方がいいのかもなーってちょっと思った。だから、「見た目は変わってないけど(the same)、私たちのバッテリーは変わっていて充電されてるんだ(different)」ってことなのかなぁ?

・ちなみにこの曲は2014年に出ているのですが、2015年10月のニューヨークタイムズの記事で

 

何世紀ものあいだ、女性と男性、人種と人種は、隣り合いつつ分離されて生きてきたが、厳格に敷かれていたジェンダーや人種の境界線が、概念上だけであるにしろ、ついに破られているのだ。流動性、寛容性が広がり、二項対立が破壊されている感がある。私たちは、互いに同じものになろうとしている。同じであり、同じではない。

 

と、ウェスリー・モリスによって書かれているそうです。この訳文は『ボーイズ 男の子はなぜ「男らしく」育つのか』(レイチェル・ギーザ著、富田直子訳)からの引用ですけど、興味深く思って原典に当たったところ、原文では

 

After centuries of women living alongside men, and of the races living adjacent to one another, even if only notionally, our rigidly enforced gender and racial lines are finally breaking down. There’s a sense of fluidity and permissiveness and a smashing of binaries. We’re all becoming one another. Well, we are. And we’re not.

 

と書かれていました。

 もしかしたら、We are different the sameというのはそういう意味なのかなー。ジェンダーや人種、文化の壁を超えるというか。この歌ではland and seaとかKyoto to The Bayって二項対立が時々出てきて、でも例えば波打ち際はland でかつseaだし、京都にも海はあるわけだし、私たちは違っているけど、境界を越えて同じものになる、という意味かもしれないなって思いました。だから「陸地と海を越えて旅してきた」「京都から港まで一歩ずつぶらぶらと歩いていく」っていうのは、二項対立を超えて一つになっていくっていうメタファーなのかなって。もしかしたらこの歌の主人公も、「男と女」「黒人と白人」「西洋人と東洋人」「先進国出身と発展途上国出身」「キリスト教徒とイスラム教徒」みたいに文化的に相いれない背景があって、でも惹かれあって歩み寄って、「あなたの居場所が私の居場所だよ」「幸せってシンプルで神聖なことだよ」って意味なのかもなって考えました。

*shot in the darkで「あてずっぽう」みたいです。

 

*この曲はglee S6でも歌われています。ダルトン焼失のシーンで使われてるので(笑)、ブレインの気持ちなのかな?きみと一緒ならどこでもやっていける、って。ちょっとブラック過ぎますけど…。

www.youtube.com

 

 

意訳

 

2人で色んなことを乗り越えてきて、今も最高ってわけじゃないよね

だけどあなたがそばにいれば、わたしはそれだけでいいんだ

一緒にいられるんだったらいつまでだって待つよ

あなたがここにいる限り、わたしは生きていられるの

 

京都から西海岸まで一歩ずつぶらぶら歩くみたいに

わたしたちは違っているけど同じものになる

新しい名前であなたを呼ぶね

バッテリーを入れ替えて

 

もしもチャンスをくれるなら必ず掴んでみせる

可能性は低くても絶対にやり遂げる

だってあなたを知ってるの、あなたはわたしを傷つけないよ

あなたのそばにいられるのなら、他には居場所なんてない

あなたのそば以外に居場所なんてないの

 

幸せのためには何が必要か分かってる

それがずっと続けば完璧でいられるよ

それってつまり、あなたと一緒にいるってこと

すごく簡単で神聖で、シンプルなことでしょ?

一緒にいればただそれだけでいいんだよ

 

京都と西海岸を一歩ずつ繋いでいって

わたしたちは違っているけど同じなんだね

新しい名前をあなたにあげる

バッテリーを入れ替えて

 

もしもチャンスをくれるなら必ず掴んでみせる

可能性は低くても絶対にやり遂げる

だってあなたを知ってるの、あなたはわたしを傷つけないよ

あなたのそばにいられるのなら、他には居場所なんてない

他にいたい場所なんてない、ここがわたしの居場所なんだよ