いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

現代短歌最前線-川野里子 感想3

北溟社 「現代短歌最前線 上・下」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

川野里子③

 

背のびしてセロリ見てゐる幼子の発芽のやうなひたむきに逢ふ

 

おもしろき男なりけり妻と仕事といづれと問ふに苦しみをりぬ

 

 他に記憶に残ったのは家族を歌う歌です。子供の「セロリ」の歌はすごくかわいいなと思ったのですが、佐佐木幸綱

 

サキサキとセロリ噛みいてあどけなき汝を愛する理由はいらず

 

を彷彿とさせますね。この歌、ずっと若い恋人のことを詠っていると思っていたのですが、川野里子の歌と並べてみると、もしかしたら子供なのかなって気が急にしました。「あどけなき」「汝を愛する理由はいらず」って、相手が子供と読んだ方がしっくりくるな。でもだからこそ、年若い恋人という読みにもなるのかもしれませんが…。うーんでもなんかじゃあいずれ「あどけなく」なくなった場合、それでも我が子であれば「愛する理由はいらない」けど、恋人or妻であった場合はどうなのだろう…とか考えてしまいました。

 セロリってどうしてあどけないイメージなのだろうか。セロリって葉っぱの部分がわんさか茂ってるから、「発芽のやうなひたむき」なのかなぁ。もしかしたらこの歌の舞台はアメリカかもしれず、日本とはスケールの違う大きさの野菜かもって妄想しました。

 夫の「妻と仕事と」の歌は、前回書いた「ふるさとを遠く離れて」、というのにも通じてきて、ああ、この人は夫についていく道を選んだのかな、と感じました。夫の仕事に着いていく形で、山形県、カリフォルニアとふるさとから遠く移動を繰り返したのかなって。

 しかしこの「おもしろき」のニュアンスがよく分からないのですけど、「妻か仕事かどっちが大切か悩むなんて変なの」ってことかしら?これを「おもしろき」って感じるというのは、どちらが大切かは明らかでしょ、って意味なの?私は全てを捨ててあなたの仕事に着いてきたのに、ってことなんだろうか。

 私、「妻と仕事といづれと」って感覚なかなか理解しづらいんですよね…。家族は当然大切だけど、仕事はアイデンティティ的なものだと思うし…。どっちを捨てろって究極に迫られたら家族を選ばざるを得ないのは分かり切っているし、でも仕事って簡単に捨てられるものではないし。

 

死んだならまた父さんに逢ふといふ母は葛にて一夜に伸びぬ

 

 両親を歌った歌も多数あります。『短歌タイムカプセル』の感想を書いた時に、

 

わが裡のしづかなる津波てんでんこおかあさんごめん、手を離します

 

という歌を紹介したのですが、この人のお母さんはきっとお父さんに会えたんだ、って、この歌を見てなぜかすごく救われた気持ちになった。人ってみんないつか死ぬし、残された人の心が少しでも軽くなるといいよね。お母さんは、「手を離した」娘に対して、「お父さんに会いに行くのよ」って言ってくれたんじゃないかなと思いました。

 

 

きみだけは光の下を歩めよと石で膨れたはらわた抱ゆ (yuifall)