いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

ぼくの短歌ノート-「内と外」感想

講談社 穂村 弘著 「ぼくの短歌ノート」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

 内と外

 

 おー、いわゆるメタ的な作品ですね。読者への挑戦的なね(笑)。

 

「オレオレ」とまた電話あるは金持ちの様なわが名の所為なのだろう (大成金吾)

 

 面白い!名前も含めて作品ねー。確かに、金持ちっぽい!そして著者の、

 

この名は本名だろうか。この歌のためにわざわざつくられた筆名という可能性もある。それはそれで面白いアイデアと思う一方で、素朴な感情としては、やっぱり本名であって欲しいと思ってしまう。しかも、そう思う自分をどこか後ろめたく感じるのだからややこしい。

 

というコメントも面白く、だけど私は個人的には名前も含めて創作だといいなーと思ってます。そういうメタ的視点を持ち込めるっていうのに憧れるから。ドラマとか週刊連載の漫画とかに時事ネタ入ってるとちょっと笑える、とかそういうレベルのメタ的思考ね。創作が現実にはみ出してくる感じ。

 

 だがしかし、

 

あ、http://www.jitsuzonnwo.nejimagete.koiga.kokoni.hishimeku.com (荻原裕幸)

 

が好きかと言われるとちょっと分かりません。。多分この歌が作られた当時はこういうのって実験的/先進的作品だったんだろうなーという感想しか正直出てこない…。ただですけど、このページまでめちゃくちゃ作り込んであったら好きになると思う。メタってそういうことではないの?

 うーん、作り込んでなくても、例えばこのサイトにアクセスするとこの歌が現れて、リンクをクリックするとそのページにまたとんで、っていう入れ子構造でも…。とかごちゃごちゃ言うなら自分でやればって感じですが、独自ドメインとってサイト作れる能力がないのではてなブログさんのお世話になってるわけで。。ちなみにアクセスしてみたんですが架空のページでした(笑)。そりゃそうか。

 

 

重ならない だけど無限に交差して近づいていくさだめならいい (yuifall)

y=e−axsinbx (a,b>0)