いろいろ感想を書いてみるブログ

短歌と洋楽和訳メインのブログです

講談社 穂村弘 著 「ぼくの短歌ノート」 感想

講談社 穂村弘 著 「ぼくの短歌ノート」 感想です。

 

注意書き

歌人穂村弘氏が、有名歌人から新聞投稿欄のアマチュアの作品まで広くテーマごとに取り上げ、鑑賞するスタイルの本です。

・引き続き、各テーマから2~3首引用するスタイルで感想を書きます。

・全て敬称略ですのでご了承ください。

・ただの感想です。考察ではありません。だらだら書き散らかしてるし、いつも通り歌人の背景とかは基本的には考えないスタイルです(時々そういう感想が含まれる場合もありますが…)。今回は特にアマチュアの方の作品も含まれるので、背景とかさっぱり分からない短歌の方が多いです。

・最後に自作の短歌を1~2首載せます。ただし歌人の作品とは力量の点でかなりの差がありますので、素人の手慰み(カラオケ的な)と思ってご覧ください。ちなみに内容的にはかなりフィクションというか、私の実生活を反映してはいません。

 

2022年6月22日追記

 記事にタグ付けをしています。

 なるべく歌を取り上げた歌人の方の名前タグは付けたいと思っているのですが、本の性質上アマチュアの方の投稿作品もあるため、お名前でGoogle検索をして、歌人であることがはっきりした場合のみタグ付けしようと思います。