いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

短歌タイムカプセル-松村由利子 感想

書肆侃侃房 出版 東直子佐藤弓生・千葉聡編著 「短歌タイムカプセル」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

松村由利子

 

チューリップあっけらかんと明るくてごはんを食べるだけの恋ある

 

 これは、最初は若い恋なのかなって思ったのですが、前後の歌からするとお子さんのいる人のようですので、ちょっとお気に入りとか憧れの男の人とごはんを一緒に食べられるだけでうきうき、みたいな罪のない楽しみなのかなーと思いました。だからあっけらかんと明るいのかなって。「一緒にごはん食べれるなんて嬉しい!」ってにこにこして公言してる感じの。じとっとしてなくて好きですね。

 

 この人の歌は働く母って感じです。

 

耐えかねて夜の電車にそっと脱ぐパンプスも吾もきちきちである

 

とかさー、社会人あるあるやん…。足痛いよね…。「保育園にお迎え行く」とか「恐竜の滅亡」みたいな歌もあります。

 でも、既婚者子持ちなんだろうなーって普通に思って読んでたら

 

カルピスのギフトセットが届く夏そんな家族もつくりたかったが

 

こんな歌があって、今の人ってお中元とかしないもんね、って軽く受け流してたんですけど、後になってたまたま知ったのですが、「子供はいるが家庭はない」そうです(http://petalismos.net/tanka/tanka-backnumber/tanka143.html)。

 え、じゃあ、ごはんを食べるだけの恋の相手は本当に恋の相手なのかなぁ。このアンソロジーで読んだイメージと、このHPで紹介されている歌のイメージが違いすぎてびっくりした。アンソロジーってこういうところ、面白いけど、やっぱり抽出された20首じゃ歌人の本質には届かないのかなって気がしないでもないです。

 まあー、でも、歌集or連作で読むか一首で読むか/作者の背景を知って読むかブラインドで読むか、っていうのは常にある問いだと思うし、一首で背景を知らずに読むスタイルもありかなっていうスタンスです。ただその一方できちんとした解説も読みたいなーって思ってる。。一週間くらいゆっくり思索にふけりたいな…。

 

 

恋人にはなれないけれどガーベラの分かりやすさで好きでいさせて (yuifall)