いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

短歌タイムカプセル-干場しおり 感想

書肆侃侃房 出版 東直子佐藤弓生・千葉聡編著 「短歌タイムカプセル」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

 干場しおり

 

とけてから教えてあげるその髪に雪があったことずっとあったこと

 

 これは、昔好きだった人に、「あの頃好きだったよ」って言うみたいな気持ちなのかなと思いながら読みました。高校の頃とかに憧れて恋してた人に、大人になってから会って、もうお互いどうしようもなくて、「あの頃好きだったんだ」って。もう雪はとけてしまったんだもんね。髪はちょっと濡れてるのかもしれないけど、もう雪には戻せない。そんな感じです。

 

寝不足のまま秋風を受けしときふと寄りかかるひとりが欲しき

 

 これは、寄りかかるひとが誰もいなくてがんばってるわけだから、寝不足なのは仕事のせいかなって思いました。64年生まれかぁ。元祖キャリアウーマン的な??ちょっと時代感が分からないのですが、この歌集は29歳の時のものなので、20代の作品ですよね。やっぱり仕事な気がするなー。90年代だし、24時間働けますかみたいなさ。

 

 半分くらいの歌がなんか寂しい感じで、「孤独」「ひとり」「夜」「涙」って言葉が出てきます。なんとなくですけど、何かあったときにとっさに感情や行動が反射的に出てくる人ではないのかなって気がしました。後から、ああ、あの時こう感じたんだ私、って思っちゃうような。

 

 その中でも

 

右の手が右前足であったころ月に恋したあの「せつなさ」さ

 

って歌が好きでした。

 

 

取返しのつかない甘さをなすりつけ順接のこと責めてほしいの (yuifall)

Yogiboに凭れて眠る私にはミルタザピンがいるからいいわ (yuifall)