いろいろ感想を書いてみるブログ

短歌と洋楽和訳メインのブログです

S2x13;COMEBACK 感想

glee感想については注意書きを必ずご覧ください。

yuifall.hatenablog.com

 州大会のテーマって「アンセム(自分の感情を表現する)」だったんかい。ますます「Candles」が意味不明である。

「あなたは目覚めてやるせない気持ちになる、私にしたことの報いを受けるの、私は暗闇で孤独を考える、きっと何とかやっていけるわ」

ってさー。ブレインの気持ちがさっぱり分かりません。何でこの曲なんだよ!

 2人がいちゃいちゃしたり付き合ったりしてる間、ウォブラーズのメンバーって2人がデキてることに気づいてたのかなー。でも「アンセム」のデュエットがこれでは、恋人同士とは思えんよな(笑)。ブレインは選曲のセンスなさすぎだし、ウォブラーズもそれに意見とかないんかい。カウンシルの存在意義…。あんなにいけてる部長がいるのに…。でも男性ボーカルの曲でも女性ボーカルの曲でも分け隔てなく歌うのは好きだな。

 ダルトンの2人の日常ってどんな感じだったのかなぁ。ウォブラーズは2人の親密さに気付いてても気付いてなくても萌える!気づいてるヴァージョンだとブレインの鈍さに呆れつつカートを気遣う展開になりますが、みんな高校生男子なので気づいてないパターンもいいです。ブレインが転校する段階になってえっ?そうなん?みたいな笑。少なくとも誰かはそういうやついるだろうな。

 

 話が本編と全く関係ないことばかりなのですが(この回Klaine出ないのであまり書くことない)、S6でスー先生がシュー先生に「お前はジャスティン・ビーバーの回くらいから輝きがなくなった」って言ってて、その回になんかあったっけ??っていう目で見直したのですが、特に何も感じませんでした。どういうことなの??シュー先生に関してなんかあったっけ。正直シュー先生に興味が薄すぎてよく分からん。

 

 この回はただひたすらサムでしょう!サムかわいい!そしてこいうアイドルっぽいのが一番はまるー。ジャスティン・ビーバー、1D、BSBとかアイドル曲が似合うよー。まあ後日「アイドル路線じゃなくてセクシーで行かなきゃ」とか言ってブレインに暴言吐かれてましたけど笑。最初の「Baby」がほんとかわいいし、パーカーもかわいい。そして相変わらず素直じゃないフィン。女の子にもてる!って食いつくアーティはそれっぽいしかわいいけど、パックは違くね笑?マイクはどんな人なのかよく分かりません…。一番普通っぽいよな…。

 

  そしてこの回のタイトル「COMEBACK」なの何でなんだっけか…。ピンと来ないな…。マジでサムのジャスティン・ビーバーに萌えてただけだったな…。

 ジャスティン・ビーバーの「Boyfriend」のPV見てたんですけど、めっちゃ子供ですね…。デビュー13歳だっけか?だからフィンが「12歳向けの曲なんて嫌だ」とか言ってたのかなー。もともと詳しくない上にリアタイじゃないのでより流行りとか分からん。。