いろいろ感想を書いてみるブログ

今のところglee感想と短歌のブログです

現代短歌最前線-大塚寅彦 感想2

北溟社 「現代短歌最前線 上・下」 感想の注意書きです。

 

yuifall.hatenablog.com

大塚寅彦②

 

ライナスの毛布のごときもの欲れど愛なんかぢゃない淡き夕暮

 

 ライナスの毛布的なものって言葉で言うと何だろう?「愛着」が最も近い気がしますが、「執着」ともいえるかもしれません。というかこの場合の「愛」って何だろう?多分ここで「愛なんかぢゃない」と歌われている「愛」はプラスアルファとしての「愛」で、ライナスの毛布的なものはもっとBasicな「愛」なんだと思うな。

 言葉って難しいですね。「愛なんかぢゃない」んだけど、やっぱりある意味では「愛」でしかないというか…。というか「愛」という言葉が幅広い感情をカバーしすぎなんですよ(笑)。BLとかだと余裕で殺し愛ますからね(笑)!

 

てのひらのかたちの闇をひきつれて手袋おちてゐる昼の路

 

 これも「物質を詠む」系統です。てのひらのかたちの闇…。藤原伊織の『てのひらの闇』思い出してしまった…。手袋を拾って中を覗いたら闇が湧き出してきそうな感じですね。「昼の路」がいいなって思います。夜だと闇が際立たないですもんね。

 

巻貝のかたちのパンを選びゆく朝さまざまの風生るる朝

 

 これも好き!「巻貝のかたちのパン」か!ただのロールパンがなんかすごいいいものみたいに思える!もしくはクロワッサンなのかな?「選びゆく」だからビュッフェっぽいし。この人のフィルターを通すと普通のものがすごいいいものに見えてきますね。

 

 

掴めない水色の声アスファルトがゴムになってく午後きみといた (yuifall)