いろいろ感想を書いてみるブログ

短歌と洋楽和訳メインのブログです

短歌タイムカプセル-仙波龍英 感想

書肆侃侃房 出版 東直子佐藤弓生・千葉聡編著 「短歌タイムカプセル」 感想の注意書きです。

yuifall.hatenablog.com

 仙波龍英

 

夕照はしづかに展くこの谷のPARCO三基を墓碑となすまで

 

 この歌の解説文で渋谷PARCOがPart1~3まで閉鎖となったと書いてあってびっくりしてWikipedia見たら、Part1はリニューアルオープンしているようですね。TOKYO目まぐるしいな。「渋谷惑星直列篇」という連作の中の作品で、惑星が並ぶ空の下の渋谷が舞台の歌らしいです。でもその背景を知らなくても十分愛唱できそうな歌だよね。PARCOに落日みたいな…。

 

葬列のごとく惑星ならびそむ渋谷ハチ公燃ゆる夕べを

 

ってのもあります。この歌もちょっとSFっぽいけどリアルっぽくもあるな。渋谷が私にとって異世界だからリアルっぽく感じるのかもなー。他の惑星だったとしても違和感ないというか(笑)。

 

 これ書いてる時、コロナウイルス感染症で世界がロックダウンしてる真っ最中で(2020年4~5月頃書きました)、渋谷スクランブル交差点も全然人がいなくて、PARCOや他の店もみんな閉まってて、株価は下がりまくり、三越伊勢丹は110億円の赤字で、ってニュースで持ちきりで、もうありとあらゆる意味で渋谷も日本中どこも燃えてるしPARCOも三越も何もかも墓碑だなって思いながら読んでました。

 

 

TOKYOで生まれ育ったやつもいて僕とおんなじ言葉でしゃべる (yuifall)

 

 

現代歌人ファイル その47-仙波龍英 感想 - いろいろ感想を書いてみるブログ